2017年3月24日金曜日

6年生が校内清掃を行いました

 「立つ鳥跡を濁さず」という言葉ではないですが、6年生が伊香保小の校舎への感謝を込めて清掃を行いました。
 日頃はあまり手が入らない場所ということで、壁やドアをクリンスポンジで磨きました。磨いた場所と磨いていない場所を比べると格段の差がありました。心を込めてそうじをする6年生の姿が印象的でした。



6年生が巣立っていきました

 平成28年度卒業式が行われ、14名の子どもたちが小学校を巣立っていきました。子どもたちの服装は希望に胸がふくらむ中学生の制服です。
  卒業証書授与では、一人ひとり将来の夢を英語でスピーチしました。校長式辞は、「実感」「感動」「感謝」の三感王になろうというということでした。
 歌のうまさでは定評のある6年生は、「遙かなる旅路へ」を情感をこめて歌い上げました。また、呼びかけは、6年間の歴史がコンパクトにまとっているものでした。今まで声が小さかった子も本番では、よく聞こえるように大きな声を張り上げていました。
 最後の学活終了後は、在校生・保護者・教職員が作った花道の中をゆっくりとあるっていきました。 




2017年3月17日金曜日

卒業式練習が行われています

 23日の卒業式へ各学年の練習が進んでいます。
 まず、5年生が本番へ向けて体育館のシート敷きを行いました。子どもたちは、教務主任の指示で3~4人組になり、まっすぐにシートが敷けるように工夫しました。床全面が緑色になり、卒業式が間近であることを、改めて実感していました。
 式へ臨む際の心構えの指導を受けた後、卒業生は呼びかけや歌の練習を行いました。本校の呼びかけは、卒業生が受け持つパートが多いので、覚えるのに苦労しているようです。この呼びかけには、卒業生の今までの活躍が読み込まれています。歌のうまさで定評のある卒業生は、欠席者がいてもその歌声は素晴らしいものでした。卒業証書をもらう場面では、ややぎこちなさが見られました。もらった後には、将来の夢を英語でスピーチしますので、楽しみにしていてください。
 在校生の呼びかけ練習も始まりました。受け持つパートは少ないですが、最初からまずまずの声が出ていました。 




2017年3月10日金曜日

3年生が珠算教室を行いました

 3年生が浅野さんに来ていただき珠算教室を行いました。
 まず最初に、ソロバンは何のために使うのか、ソロバンの歴史や種類等について説明していただきました。
 授業は、1桁で足す、1桁を引く計算をソロバンで行いました。子どもたちは、はじめて使うソロバンに戸惑いながらも、楽しく計算を進めていました。45分の授業で時間は足りないくらいでしたが、よい経験ができました。





2017年3月9日木曜日

6年生がお菓子を作り感謝の意を表しました

 6年生がパウンドケーキと手作りチョコを作り、お世話になった先生方に感謝の意を表しました。
 お菓子作りに定評のある保護者が講師として参加していただきました。
 子どもたちは、しっとり、どっしりとしたパウンドケーキになるようにバターと砂糖をすり混ぜて空気を含ませていきました。こんもりしてくるようにしっかりと泡立てていました。温度管理がとても大変でした。次に、その中へ分離しないように少しずつ卵を入れていきました。生地作りの最後には、粉を入れて切るように混ぜていきました。この生地を型に入れて、オーブンでじっくりと焼きました。ある子どもは、「時間がかかったけれど、楽しかった」と話していました。
 手作りチョコづくりは、溶けやすいように刻んでから作業しました。均一に刻むように心がけました。固い板チョコを刻むのにはかなりの力がいりますが、時間をかけて丁寧に進めていました。その後、時間をかけてゆっくりとチョコレートを溶かしていきました。これを型に流して、飾り付けを行い完成させました。
 放課後の職員室には、お世話になった先生方に手紙とともにお菓子を贈呈する子どもたちの姿がありました。多くの先生が、「とてもおいしかった」と感激していました。




2017年3月6日月曜日

6年生を送る会が行われました

 
6年生を送る会が、それぞれ趣向を凝らした学年の出し物によって盛大に行われました。

 

 2年生は、『ピクニック』を踊りながらステージに現れました。ステージ上を上手に使い、楽しく歌い踊っていました。続いて、なわとびで5人とびを行いました。さらに、かわいいピコ太郎が何人も登場し、お馴染みのダンスを披露しました。

 

 6年生を送る会が、それぞれ趣向を凝らした学年の出し物によって盛大に行われました。
 2年生は、『ピクニック』を踊りながらステージに現れました。ステージ上を上手に使い、楽しく歌い踊っていました。続いて、なわとびで5人とびを行いました。さらに、かわいいピコ太郎が何人も登場し、お馴染みのダンスを披露しました。
 1年生は、かわいいお面かぶって国語で学習した「大きなカブ」を再現しました。だんだんとカブを引き抜こうとする人数が増えていくのですが、今回のカブは巨大だったようです。
 4年生は、両手に青いポンポンをつけて「RPG」を踊りました。途中で指揮杖を持ったリーダーや赤鼻のピエロが登場して周囲をまわりました。全員が一体となって大変盛り上がりました。
 3年生は、6年生の名前の一文字ごとに、その文字で始まる説明が披露されました。これが実に的を得ていて、感心してしまいました。
 5年生は、信号黄色の鬼が登場する劇を行いました。6年生へのプレゼント(箱)が鬼たちに奪われてしまいます。5年生は、鬼たちにクイズをしかけてプレゼントを取り戻します。箱の中には、6年生への手紙が入っていました。クイズの一つは、写真と似顔絵のどちらが担任の須藤先生に似ているかというものでした。
 6年生の出し物の前には、教職員の合唱『トゥモロー』、プレゼン「6年間の思い出」が披露されました。そして、6年生に1年生と5年生からプレゼンを贈呈しました。
 歌のうまさでは定評のある6年生は、まず、全員でGReeeeNの『キセキ』を歌いました。伴奏は歌入りCDでしたが、まさに雄大な滝のような歌声でした。つづいて、ギターレスの3ピースバンドがついて、大事MANブラザーズバンドの『それが大事』を熱唱しました。まさに6年生の今の姿をビビットに伝えるものでした。バックのドラム、ピアノ、キーボードのベースが紡ぎ出すリズムも生き生きとしていました。
 各学年、今持っている力を十分に発揮して、ある時には会場を爆笑の渦に巻き込み、またあるときにはホロリとさせていました。 
 










2017年3月1日水曜日

金管バンドの定期演奏会が行われました

 インフルエンザでのびのびになっていた金管バンドクラブの定期演奏会が行われました。保護者や地域の皆様はじめ、伊香保保育園のかわいい園児にも集まっていただきました。
 オープニングは「さんぽ」です。やや緊張している様子がみられるものの楽器は温まっています。続いて「ジェームス・ボンドのテーマ」では、スパイ映画よろしく楽器をスイングさせながら楽しそうに演奏しましていました。
 パートごとの紹介では、それぞれの楽器の簡単な紹介とその楽器ならでは曲を披露しました。アルトホルンやチューバは曲がユーモラスに響き、トランペットは勇壮に響きました。「PPAP」では、ヒョウ柄のマフラーを巻いて怪しげなピコ太郎が登場し、会場を笑わせました。
 学年演奏では、2・3年のかわいい「崖の上のポニョ」、4年のチームワークのよい「アンダー・ザ・シー」、5年の疾走感のある「フラッシュ」、6年のノリノリの「ルパンⅢ世のテーマ」「前前前世」と続きました。演奏後は、金管バンドから卒業する6年生に、下学年から花束の贈呈を行いました。
 続いて、運動会でお馴染みの「マーチングドリーム」は、手慣れたダイナミックな演奏で、聴き手にグイグイと迫ってきました。パーション隊が前に出てきて迫力あるパフォーマンスを披露していました。
 最後は、バンドフェスティバルでも好評を博した「英雄の証」「映画『ターザン』よりトゥ・ワールズ」です。パーカーション群がジャングルのムードを醸し出し、管楽器がうねりをあげました。
 アンコールは、会場と一体となって「PPAP」を演奏し、踊りました。