2016年9月30日金曜日

3年生が万引き防止教室を行いました

 スクールサポーターの下田さんを講師に、3年生が万引き防止教室を行いました。
 まず、「太郎君と次郎君が本屋に行きます。太郎君、前からほしかった漫画本を万引きしてしまいます」という状況をもとに、自分が太郎君や次郎君だったらどう思うか考えていきました。担任とスクールサポーターのかけあいで、子どもたちに分かりやすい問題設定になりました。
二人は店員に見つかって、警察に通報されます。連絡を受けた保護者は、警察で平謝りしています。
 「次郎君だったら、太郎君をいさめることができるか?(写真下)」「警察で謝る保護者を見てどう思うか?」などを考え、次々に発表していきました。最後は、一人ひとりが感想をまとめていました。 




マラソン練習が始まりました

 運動会が終わり、伊香保では秋の気配が感じられます。子どもたちは、次の持久走大会へ向けての練習が始まりました。本日は朝の体育集会で、5分間走を行いました。
 1・2年生は最も内側、3・4年生は真ん中、5・6年生は最も外側を走ります。最初の1周は、体育委員の先導でゆっくり走ります。その後は自分のペースで走ります。
 一番多く走った児童は、校庭6周でした。マラソンは、努力することで記録が伸びていきます。これから、子どもたちは目標を決めてがんばっていきます。



2016年9月29日木曜日

4年生が点字教室を行いました

 4年生が総合的な学習の時間で点字教室を行いました。講師は、市社会福祉協議会山岡さんと桜井さん・佐復さんです。
 冒頭山岡さんに、視覚障害のある人の生活やわたしたちの配慮について説明していただきました。次に、桜井さんと佐復さんに、点字の基本的な打ち方や打つときに気を付けることなどを詳しく説明していただきました。その後、点字で自分の名前やいろいろな言葉を打ちました。最初は点字のルールに戸惑っていましたが、最後はものすごいスピードで打てる子ども出てきました。
 子どもたちは、「力が入りすぎてしまった」「失敗して修正するのはどうすればいいの」「実際に道具を借りて点字でコミュニケーションをとりたい」等の感想を述べていました。子どもたちは、はじめて体験する点字にとても興味を持ち、熱心に学習に取り組んでいました。




2016年9月28日水曜日

5年生が社会科で発表をしていました

 5年生社会の「日本の食料生産」では、日本の食料生産の問題点をいくつかのグラフから見つけ出しました。
 子どもたちは、3~4人のグループになり、グラフを見て気づいたことを発表し合いました。これを発表ボードにまとめて、代表が前で発表します。教師は、子どもたちの発表からキーワードを抽出し、価値付け、まとめていました。
 10月は、子どもたちがペアやグループで確認し合ったり、話し合ったりする学習、前で発表する学習が多くなりそうです。



2016年9月27日火曜日

伊香保まつりのパレードを披露しました

 伊香保まつりの時、雨でできなかった金管バンドのパレードを校庭で披露しました。
 金管クラブは、伊香保まつりへ向けて、朝・放課後と練習を重ねてきました。がんばってきた子どもたちたちのために、朝行事の時間に発表の機会を設定しました。朝の忙しい時間にもかかわらず、多くの保護者の皆様が演奏を聴きにみえました。
 まず、「伊香保おどり」を演奏しながら校庭をまわりました。続いて、定位置で校歌、運動会で演奏した「マチーング・ドリーム」と「オーバー・ザ・シー」を勢いよく演奏しました。
 巧みに楽器をコントロールする5・6年生が演奏をひっぱり、今年はじめた2年生はしっかりと演奏についていきました。子どもたちも保護者の皆様も、とても元気になった演奏でした。






2016年9月21日水曜日

小学生の樽神輿が運行されました

 嵐の中、小学生の樽神輿が石段街丸本館前から伊香保神社まで運行されました。
 子どもたちは法被とカッパを身につけ、大きな声を出しながら樽神輿を担ぎました。伊香保まつりを終えるのを惜しむように、所々で樽神輿を大きく揺らして大暴れしました。運行をコントロールするのは、子どもたちの先輩でもある若連の方々です。特に、低学年男子は、8人という少人数で力を合わせてがんばっていました。
 ゴールは伊香保神社です。最後の石段も、大きなかけ声とともに一気に登り切りました。運行を終えて、低学年男・女、高学年男・女に分かれて写真を撮りました。





2016年9月20日火曜日

子供まつり囃子が行われました

 伊香保まつり1日目に子供まつり囃子が行われ多くの子どもたちが参加しました。あいにくの雨の中、丸本館前~石段街は大賑わい。子どもたちは、鮮やかな法被を着て、この日のために一生懸命練習した和太鼓や鉦をたたいていました。記念撮影の後、本神輿が入ってきて石段で威勢よくもみ合いました。
 子どもたちが作ったしゃもじは、樽神輿に飾られていました。